宮本 妥子

Yasuko Miyamoto

打楽器・マリンバ奏者

Yasuko Miyamoto

打楽器・マリンバ奏者

Country:   Japan Category:   CONCERT ARTISTS

Overview

クラシック、現代音楽の領域にとどまらず、コンテンポラリーダンス、邦楽器、ジャズドラムなど他の芸術との融合を展開し、独創的な世界観を生み出し続ける気鋭のパーカッション・マリンバ奏者、宮本妥子。

同志社女子大学学芸学部音楽学科打楽器専攻、ならびに同大学音楽学会《頌啓会》特別専修課程修了。1996年にはドイツ国立フライブルク音楽大学大学院を、1999年には同ソリスト科を共に首席最優秀にて卒業。同年、ドイツ国家演奏家資格(Konzertexamen)を首席取得。滝厚美、北川皎、上埜孝、中谷満、山口恭範、吉原すみれ、ベルンハルト・ヴルフ、ロバート・ヴァン・サイス、宮崎泰二郎の諸氏に師事。

1995年ルクセンブルク国際マリンバコンクール・ファイナリスト入賞、1997年には第46回ミュンへンARD国際音楽コンクール打楽器部門・ファイナリスト、また、1998年にはライプツィヒで行われた現代音楽アンサンブルコンクール第1位、滋賀県文化奨励賞受賞など、ドイツ在学時より数々の受賞を重ね、2001年には平成12年度平和堂財団芸術奨励賞を受賞。世界各国での音楽活動を認められ、ドイツより芸術家ビザを取得。

演奏活動は、日本とヨーロッパを拠点に各国に及ぶ。ヨーロッパでは、アンサンブル・カリス(チューリッヒ)、YMMO即興アンサンブル(フライブルク)に所属。また、アンサンブル・ルシェルシュ(フライブルク)、ムジークファブリック(デュッセルドルフ)、シュトゥットガルト放送交響楽団、バーゼル交響楽団、ブレーメン・フィルハーモニー等多数客演。1997年アメリカのロチェスターにて招待公演。1998年には、宮本妥子の超絶的演奏を想定してミシェル・ジャレルから献呈された、マルチ・パーカッション独奏と管弦楽のための協奏曲《Un long fracas somptueux de rapide celeste...》をベルンハルト・ヴルフ指揮バーゼル交響楽団と世界初演(仏アンリ・ルモワーヌ社から出版)、1999年には、同協奏曲を岩城宏之指揮びわこ祝祭管弦楽団と日本初演、大きな話題となる。同年ピエール・ブーレーズ率いるアンサンブル・アンテルコンタンポラン・アカデミーのメンバーとして、パリにて演奏。マリアーノ・エトキンへの委嘱新作初演を含むソロリサイタルをブエノスアイレスで開催、「二度と忘れることができない演奏」(クラリン紙)と絶賛を博す。2000年開催の国際万博においては、エクアドル館より招待され、オラフ・ジョッペ(ストラスブール・パーカッション・グループ)と共演。ウクライナ現代音楽祭にソロイストとして招かれ、キエフ室内管弦楽団と共演。2002年、2004年とオーストリア・フェルドキルヒ音楽祭にて招待演奏など、フリーの打楽器奏者として、欧米各地の高い評価を得る。2005年からは、本格的に活動拠点をドイツから日本に移す。

この他、現在滋賀県立石山高等学校音楽科、相愛大学音楽学部・同大学院非常勤講師、同志社女子大学嘱託講師として、後進の指導に取り組み教育者としても高い評価を得ている。

また、2010年より滋賀県文化審議委員を6年間、次世代育成部会委員を4年間務め、地域の文化振興に寄与するなど、演奏家にとどまらず、幅広い領域で活動をしている。パール・アダムスモニターアーティスト。

▼使用楽器

【Adams】アルファシリーズ・マリンバ