NEWS

information

「被災地復興支援ステッカー」義援金入金のご報告

【ご報告】被災地にてお亡くなりになられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。また、被災された皆様方にお見舞いを申し上げ、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。 さて、弊社にて東日本大震災より復興支援として継続的に行わせて頂いております「被災地復興支援ステッカー」ですが、皆様にご協力いただきました弊社売上利益金(2019年7月1日~12月31日 売上分迄)を日本赤十字社の「東日本大震災義援金」、「平成28年熊本地震災害義援金」、「平成30年7月豪雨災害義援金」、「平成30年北海道胆振地震災害義援金」、「令和元年台風第15号千葉県災害義援金」、「令和元年台風第19 号災害義援金」に分割し、寄付させて頂きましたことを報告申し上げます。 引き続き皆様よりの暖かいご支援・ご協力を何卒宜しくお願い申し上げます。 【チャリティステッカーは下記よりご確認ください。】 http://pearlgakki.ocnk.net/product/271


products

村石雅行 feat. Masterworks SNARE DRUM 2019年12月20日

村石雅行さんによるMasterworks アンテナショップに展示しているスネアドラムのレビュー動画が公開されました!(掲載順不同) 試奏されたスネアドラムの詳細スペックにつきましては、各Masterworks アンテナショップへ御確認お願いします。 ※店頭販売状況によっては、既に販売済みとなっている可能性があることをご了承ください。


artist

村石雅行 feat. Masterworks SNARE DRUM

村石雅行さんによるMasterworks アンテナショップに展示しているスネアドラムのレビュー動画が公開されました!(掲載順不同) 試奏されたスネアドラムの詳細スペックにつきましては、各Masterworks アンテナショップへ御確認お願いします。 ※店頭販売状況によっては、既に販売済みとなっている可能性があることをご了承ください。


products

Universal Hammered Brass Snare Drum~Limited Edition~

現在定番モデルとして好評の“Universal Steelスネアドラム(US1450)”のハンマード・ブラスシェルバージョン。 ブラスならではの存在感あるブライトなサウンドをハンマリング効果でタイトに仕上げたリミテッドモデルとなります。 ■Universal “Hammered Brass” Snare Drum ■品番: UBH1455  ■定価: ¥63,800 (税込価格) ¥58,000 (本体価格) <スペック> ・シェル:1mm Brass(Hammered)・サイズ:14″×5.5″ ・フープ:SuperHoop II (SH-1410/1410S) /10 テンション ・ストレイナー:SR-17A/SR-18E ・ラグ:CL-55 ・スナッピー:S-022 ・ヘッド:トップ/UT Coated (UT-0114-BA) ボトム/REMO Snare Side ・ソフトケース付属 <店頭展示店>2019/12/26現在 *販売済みとなっている場合もございますので、ご希望の方は販売楽器店までお問い合わせください。 《東京》 イケベ楽器店ドラムステーションリボレ秋葉原店 クロサワ楽器 御茶ノ水ドラムコネクション イケベ楽器店ドラムステーション渋谷店 山野楽器ロックイン新宿店 下倉楽器 御茶ノ水本店 《神奈川》 山野楽器ロックイン川崎店 《京都》 MUSIC LAND KEY 京都店 《大阪》 三木楽器 Drum Center Drum Shop ACT イケベ楽器店 ドラムステーション大阪プレミアム 《兵庫》 島村楽器 三宮オーパ店 《福岡》 島村楽器 博多ドラムショップ&防音ショールーム 《熊本》 ミュージックファーム 《沖縄》 ドラムショップハル


products

~Since 1989~ -沼澤尚 x Custom Classic 30th Anniversary-

~Since 1989~ -沼澤尚 x Custom Classic 30th Anniversary- カスタムクラシックが発売された1989年、ちょうど30年前にパールとエンドースメント契約を結んだ沼澤尚氏。カスタムクラシックと共に築き上げてきたパールとの歴史、誰よりも単板メイプルへのこだわりを持っている沼澤氏に、カスタムクラシックの魅力を語っていただいた。 ________________________________________________________________ パールスタッフ(以下:Pearl):沼澤さんとカスタムクラシックの歴史を教えてください。 沼澤尚(以下、沼澤):元々レディオキング(スリンガーランド)単板メイプルを有名にしたのはジーン・クルーパですけど、自分が知ったのはやはりジェフ・ポーカロです。ドラムマガジン創刊号の表紙がTOTOの“TURN BACK TOUR”のライブ写真で、そこではっきり5インチ半のヴィンテージ単板メイプルが写ってるんですけど、今でも特に大好きなこのアルバムでのスネアサウンドがレディオキングだったことが判った後に“これがレディオキングなんだ!”と認識したのが最初で…。 その後、1983年に自分がアメリカに行ってからは周りにミュージシャンしかいないですから、ありとあらゆるドラムの歴史と情報だらけになって、最終的にジーン・クルーパにヤラれて。ジェフ=パールドラムでしたから、それだけの理由でもちろんパールのドラムセットを手に入れて、メイプルとマホガニーのレディオキングと共に使っていました。そして13CATSのデビューアルバムがリリースされた同じ年の年末に、チキンシャックのアルバムレコーディングとライブのために日本に呼んでもらったその年は、パールが単板メイプルを発表した年でした。 Pearl:それがちょうど30年前の1989年ですね。 沼澤:そうです。それまでのヴィンテージ単板メイプルはヒビや割れしやすいことからレインフォースメントで補強してあるのが主流でした。ここでパールが成し遂げた偉業が、“レインフォースメント無しでも割れない単板メイプル”をスチームを使用する技術で製作したことです。この時から使い始めた5インチ半と6インチ半のカスタムクラシックは当時の自分の好みでダイキャストリムに交換していました。 『今回のこの30周年モデルは、初めて自分がいろいろな仕様を細かくリクエストをさせてもらって生まれたスネアドラムです。』 Pearl:カスタムクラシック発売から10年毎の節目には、必ず沼澤さんが登場していますね。 沼澤:パールと一緒に仕事させてもらうようになった時にちょうど発表されたカスタムクラシックは、もちろん自分にとって初のパールのスネアドラムで、全てにおいて革命的で本当に驚きのサウンドでしたし、30年経った今でも間違いなく一番の使用頻度です。 長年に渡って数えきれないオフィシャル広告で起用して頂いたおかげで築かれた…自分としては光栄以外の何物でもない…自分のパブリックイメージは、パールドラムとカスタムクラシックと共に歩んできた30年と断言することが出来ます。 10周年の時にはさらにレトロでマニアをくすぐるアイディアが施されたフランジフープのモデルが出来上がっていて、広告に起用して頂きました。 20周年の時は地球に優しいネイチャーフィニッシュ(薄いラッカー)を広めたいというパールのコンセプトが既にあった上で、色を選んで欲しいとのリクエストから、真っ黒でということでBLACK ON BLACKが誕生しました。 そして今回のこの30周年モデルは一から初めて自分がいろいろな仕様を細かくリクエストをさせてもらって生まれたスネアドラムで、30年前に自分がカスタマイズした感じに近いです。フープをダイキャストに交換して、カバリングを映画“ベニー・グッドマン物語”でのジーン・クルーパと同じホワイトマリンパールに貼り替えてもらったり…。 この当時にしか無かったパールとレモのロゴがプリントされたヘッドも、今回の記念にわざわざ同じ物を作って、それをCSコーテッドに印刷してもらってます。 そしてさらに僕のわがままでおそらく一番のこだわりとして見事に実現したのがブラス製スナッピーです。生徒の頃から特にドラムサウンドに興味を持っていた自分の事に気づいていたジョー・ポーカロが、当時強く勧めてくれて使っていた内面当たりブラス製スナッピーは、パールドラムとして初の仕様になりました。 ドラムに携わるようになってからこれだけの月日が流れて、その長年の間に経験してきたことが詰まって完結した理想的な1台と言えると思います。 ________________________________________________________________ ■1989年当時を彷彿とさせるホワイトマリンパールのカバリングフィニッシュを施し、ビンテージライクなルックスに仕上げている。また、フープには当時の沼澤氏がカスタマイズしていた内容と同じく、トップ/ボトム共にダイカストフープに変更している。 ■出荷時に付いている打面ヘッドはジェフ・ポーカロも愛用していたCS Coatedを採用。さらに1989年当時に流通していたデザインも復刻している。 ■1989年を再現する上で外せないのが、このブラススナッピー(非売品)。今回の30周年モデルのためだけに製造されたブラススナッピーの煌びやかな音色が、現代の音楽シーンに蘇る。 Custom Classic 30th Anniversary Modelについての詳細はこちらをご参照ください。


artist

~Since 1989~ -沼澤尚 x Custom Classic 30th Anniversary-

~Since 1989~ -沼澤尚 x Custom Classic 30th Anniversary- カスタムクラシックが発売された1989年、ちょうど30年前にパールとエンドースメント契約を結んだ沼澤尚氏。カスタムクラシックと共に築き上げてきたパールとの歴史、誰よりも単板メイプルへのこだわりを持っている沼澤氏に、カスタムクラシックの魅力を語っていただいた。 ________________________________________________________________ パールスタッフ(以下:Pearl):沼澤さんとカスタムクラシックの歴史を教えてください。 沼澤尚(以下、沼澤):元々レディオキング(スリンガーランド)単板メイプルを有名にしたのはジーン・クルーパですけど、自分が知ったのはやはりジェフ・ポーカロです。ドラムマガジン創刊号の表紙がTOTOの“TURN BACK TOUR”のライブ写真で、そこではっきり5インチ半のヴィンテージ単板メイプルが写ってるんですけど、今でも特に大好きなこのアルバムでのスネアサウンドがレディオキングだったことが判った後に“これがレディオキングなんだ!”と認識したのが最初で…。 その後、1983年に自分がアメリカに行ってからは周りにミュージシャンしかいないですから、ありとあらゆるドラムの歴史と情報だらけになって、最終的にジーン・クルーパにヤラれて。ジェフ=パールドラムでしたから、それだけの理由でもちろんパールのドラムセットを手に入れて、メイプルとマホガニーのレディオキングと共に使っていました。そして13CATSのデビューアルバムがリリースされた同じ年の年末に、チキンシャックのアルバムレコーディングとライブのために日本に呼んでもらったその年は、パールが単板メイプルを発表した年でした。 Pearl:それがちょうど30年前の1989年ですね。 沼澤:そうです。それまでのヴィンテージ単板メイプルはヒビや割れしやすいことからレインフォースメントで補強してあるのが主流でした。ここでパールが成し遂げた偉業が、“レインフォースメント無しでも割れない単板メイプル”をスチームを使用する技術で製作したことです。この時から使い始めた5インチ半と6インチ半のカスタムクラシックは当時の自分の好みでダイキャストリムに交換していました。 『今回のこの30周年モデルは、初めて自分がいろいろな仕様を細かくリクエストをさせてもらって生まれたスネアドラムです。』 Pearl:カスタムクラシック発売から10年毎の節目には、必ず沼澤さんが登場していますね。 沼澤:パールと一緒に仕事させてもらうようになった時にちょうど発表されたカスタムクラシックは、もちろん自分にとって初のパールのスネアドラムで、全てにおいて革命的で本当に驚きのサウンドでしたし、30年経った今でも間違いなく一番の使用頻度です。 長年に渡って数えきれないオフィシャル広告で起用して頂いたおかげで築かれた…自分としては光栄以外の何物でもない…自分のパブリックイメージは、パールドラムとカスタムクラシックと共に歩んできた30年と断言することが出来ます。 10周年の時にはさらにレトロでマニアをくすぐるアイディアが施されたフランジフープのモデルが出来上がっていて、広告に起用して頂きました。 20周年の時は地球に優しいネイチャーフィニッシュ(薄いラッカー)を広めたいというパールのコンセプトが既にあった上で、色を選んで欲しいとのリクエストから、真っ黒でということでBLACK ON BLACKが誕生しました。 そして今回のこの30周年モデルは一から初めて自分がいろいろな仕様を細かくリクエストをさせてもらって生まれたスネアドラムで、30年前に自分がカスタマイズした感じに近いです。フープをダイキャストに交換して、カバリングを映画“ベニー・グッドマン物語”でのジーン・クルーパと同じホワイトマリンパールに貼り替えてもらったり…。 この当時にしか無かったパールとレモのロゴがプリントされたヘッドも、今回の記念にわざわざ同じ物を作って、それをCSコーテッドに印刷してもらってます。 そしてさらに僕のわがままでおそらく一番のこだわりとして見事に実現したのがブラス製スナッピーです。生徒の頃から特にドラムサウンドに興味を持っていた自分の事に気づいていたジョー・ポーカロが、当時強く勧めてくれて使っていた内面当たりブラス製スナッピーは、パールドラムとして初の仕様になりました。 ドラムに携わるようになってからこれだけの月日が流れて、その長年の間に経験してきたことが詰まって完結した理想的な1台と言えると思います。 ________________________________________________________________ ■1989年当時を彷彿とさせるホワイトマリンパールのカバリングフィニッシュを施し、ビンテージライクなルックスに仕上げている。また、フープには当時の沼澤氏がカスタマイズしていた内容と同じく、トップ/ボトム共にダイカストフープに変更している。 ■出荷時に付いている打面ヘッドはジェフ・ポーカロも愛用していたCS Coatedを採用。さらに1989年当時に流通していたデザインも復刻している。 ■1989年を再現する上で外せないのが、このブラススナッピー(非売品)。今回の30周年モデルのためだけに製造されたブラススナッピーの煌びやかな音色が、現代の音楽シーンに蘇る。 Custom Classic 30th Anniversary Modelについての詳細はこちらをご参照ください。


products

SABIAN 2019新製品第2弾 ~Take The Future ~ NEW HHX シリーズ 発売のご案内

※ カップ部の仕様について MEDIUM & THIN シリーズ⇒RAWベル仕上げ (ハンマリング無し) COMPLEXシリーズ⇒RAWベルにハンマリングを施したオーバーハンマリング仕上げ ラインナップ表 ※ 下記表内の赤字モデルは国内在庫モデル。    それ以外モデルは受注発注となり、納期にお時間がかかります。 ※ HHX シリーズはブリリアント仕上げも製造可能です。   ただし、納期にお時間がかかります。


products

Rhythm Traveler”Black Box” 展示店のご案内

<店舗一覧> BLACK BOX導入店 <北海道> ■島村楽器 イオンモール札幌平岡店 <宮城> ■島村楽器 仙台ロフト店 ■島村楽器 仙台泉パークタウンタピオ店 <福島> ■島村楽器 郡山アティ店 <群馬> ■島村楽器 けやきウォーク前橋店 ■ミュージックランドKEY高崎店 <千葉> ■島村楽器 イオンモール千葉ニュータウン店 <埼玉> ■島村楽器 新所沢パルコ店 <東京> ■山野楽器 ロックイン新宿店 ■島村楽器 新宿PePe店 ■イシバシ楽器 渋谷WEST店 <神奈川> ■島村楽器 ラゾーナ川崎店 ■島村楽器 横須賀プライム店 ■山野楽器 ロックイン川崎店 ■ヨネザワ楽器 <静岡> ■ソニックス <愛知> ■シライミュージック ■サタケDrショップ <岐阜> ■エッグサウンド <大阪> ■三木楽器ドラムセンター ■島村楽器 イオンモールりんくう泉南店 ■大東楽器 寝屋川店 <兵庫> ■島村楽器 神戸三宮オーパ店 <愛媛> ■ニイカワ楽器 <岡山> ■島村楽器 イオンモール倉敷店 <島根県> ■タカキ楽器  <山口> ■POPS-K ロック館 <福岡> ■博多ドラムショップ&防音ショールーム <熊本> ■島村楽器 熊本パルコ店 ■ミュージックファーム <長崎> ■ホンダ楽器 <大分> ■島村楽器 パークプレイス大分店 <佐賀> ■島村楽器 イオン佐賀大和店 <沖縄> ■ドラムショップ ハル 店頭在庫品が売り切れとなっている場合がございますので、事前に楽器販売店にお確かめください。その他、お問い合わせがございましたらお近くの上記の楽器販売店までご相談ください。


products

これ1台ですぐにドラムが始められる、 “EXPORT”ドラムセット 島村楽器展示店

これ1台ですぐに始められるドラムセット“EXPORT”が展示してある、島村楽器各店のご紹介。 ご検討されているお近くにお住まいの方、是非とも楽器店に足をお運びください! <北海道エリア> イオンモール釧路昭和店 電話: 055-269-5207 イオンモール札幌平岡店 電話: 011-889-5001 札幌パルコ店 電話: 011-214-2391 <東北エリア> イオンモール利府店 電話: 0223-81-1922 <関東エリア> 郡山アティ店 電話: 024-926-6133 けやきオーク前橋店 電話: 027-210-6350 イオンモール成田店 電話: 047-437-6595 <九州エリア> 博多ドラムショップ&防音ショールーム 電話: 092-477-6180 イオンモール筑紫野店 電話: 072-480-4060 イオンモール宮崎店 電話: 018-889-6681 ※販売価格は各楽器店までお問い合わせください!


artist

山吹沙綾”レプリカシェルキット”~Reference PURE“RFP” Series~

山吹沙綾 ”レプリカシェルキット” ~Reference PURE “RFP” Series~内容詳細 シェル構成: 22”x18” Bass Drum x1 16”x16” Floor Tom x1 13”x9” Tom x1 12”x8” Tom x1 ※基本的には、RFPシリーズに準じたスペックになっております。 仕様: ・Shell:等厚コンポジットシェル(Tom 6ply=5.4mm/Floor Tom、Bass Drum 8ply=7.2mm厚) ・Tom、Floor Tom:FatTone Hoops/ Chrome Parts Finish ・STL Tube Lug/ Chrome Parts Finish ・Tom Mount:OptiMount/ Chrome Parts Finish ・StainlessSteel Tention Rods ・Head(Tom、Floor Tom) Top:REMO Clear Emperor/w Reference Logo Bottom:REMO Clear Ambassador ・Head(Bass Drum) Batter:PowerStroke 3 Clear Front:PowerStroke 3 Coated/w Orijinal Design Print (Poppin’Partyのロゴ入りフロントヘッドを同梱予定です。) ※シェルキットにHW、シンバルは付属いたしません。 ・概要 2017年8月21日(月)の BanG Dream! 4th☆LIVE Miracle PARTY 2017! at 日本武道館にてお披露目となったドラムセット。幅広い層のアーティストから絶大な支持を得ているReference PUREを特注カラーのオリジナルイエローで仕上げたモデルで、サイズは12”と13”のタムを並べたオーソドックスなセット構成。 ・機材レポートはこちらをご参照ください。


artist

ARTIST DRUMS “REPLICA SHELL KIT”~Limited Edition~

Pearl と Artistとの綿密なリレーションシップにより実現した”Artist Shell”のプレミアムパッケージ。それぞれのフィールドにおいて、第一線で活躍し続ける4名のビッグアーティストが、それぞれの理想とする音を追及した結晶の”Drum Kit”を是非、その手に体感してほしい。 ※本製品はシェルパックのみとなりますので、シンバルやハードウェアは含みません。 _______________________________________________________ 2019年9月18日より2019年10月末まで、Pearl製品取扱いの楽器販売店にてオーダー受付!! ※オーダーをいただいてからの製造となりますので、納期には4ヶ月~6ヶ月ほどお時間をいただく予定です。 _______________________________________________________ ・真矢 ”レプリカシェルキット”~Artisan Custom Series~ ・品番:X8AC/COMP-PI ・シェルキット定価:\ 1,000,000-(税抜) ・キット詳細はこちら _______________________________________________________ yukihiro ”レプリカシェルキット”~Masters Maple Reserve “MRS” Series ・品番:MRS/COMP-YA #Matt Black (Black Parts Finish) ・シェルキット定価:\ 640,000-(税抜) ・キット詳細はこちら _______________________________________________________ Shinya”レプリカシェルキット”~Crystal Beat“CRB” Series~ ・品番:CRB/COMP-DS #730 Ultra Clear (Gold Parts Finish) ・シェルキット定価:\ 700,000-(税抜) ・キット詳細はこちら _______________________________________________________ ・山吹沙綾”レプリカシェルキット”~Reference PURE“RFP” Series~ ・品番:RFP/COMP-SAYA #Original Yellow (Chrome Parts Finish) ・シェルキット定価:\ 400,000-(税抜) ・キット詳細はこちら _______________________________________________________